業者による合法的債券回収

業者による合法的債券回収

スポンサード リンク

消費者信用訴訟において、契約書記載の合意管轄条項が濫用され、被告が出廷できない遠隔地の裁判所に訴訟が提起されたり、郵便の送達制度が安易に利用されて、被告の知らない内に判決が確定する事態が起きています。

そして、簡易裁判所の消費者信用訴訟に関する判決の8割以上が、被告欠席のまま、原告勝訴の判決がなされています。

さらに業者の多くが、債券回収の手段として公正証書を作成するようになっていますが、中には契約内容とは異なる不公正証書が作成され、その不公正証書により強制執行されて、債務者が不当な損害を被るケースも出てきています。